headband

太陽発電パネル価格

太陽発電パネルの金額ってどれぐらい?

太陽発電パネルの価格ってどれぐらいなのかというと、100万円〜150万円位です。

以前は、200万円以上もしていた太陽発電パネル。

それが、どんどん価格が下がってきているんです。

なぜ、そんなに価格が下がってきているのかというと、それは補助金が関係しているからです。

太陽発電パネルを導入すると、国や都道府県から補助金を受けることができます。

その補助金の条件に、いくらまでのものでないと、補助金を受けることができない、というものがあります。

そのため、価格がどんどん下がってきているのです。

補助金が終わりさらに下がっている

太陽発電パネルを導入するには、かなりの価格がかかってしまいますが、

10年ほどで元を取ることができます。

特に太陽光メーカーランキングなどを参考に京セラ、ソーラーフロンティア、シャープあたりの比較的費用の安いソーラーパネルを設置すればGOODです。

昼間に発電し、売電すれば、利益になり、また、作られた電力を使用することがでいるので、電気代の節約になります。

その結果、約10年後には、元が取れるようになるのです。

最近では、電気代が上がったりしているので、太陽発電パネルを導入すると、大変お得になるんです!

太陽発電パネルを設置すると固定資産税が掛かる?

太陽発電パネルを設置すると、固定資産税が掛かってくるって、知っていましたか?

太陽発電パネルを設置したら、絶対に固定資産税が掛かるという訳ではありません。

固定資産税が掛からないタイプの太陽発電パネルがあるんです。

それはどんなタイプの太陽発電パネルなのかというと、屋根に乗せて固定するタイプの太陽発電パネルです。

このタイプは、固定資産税が掛かりません。

税金の掛からない太陽光パネル

固定資産税が掛かるタイプの太陽発電パネルは、屋根と一体化している太陽発電パネルです。

屋根と一体化している太陽発電パネルは、固定しているタイプより、見た目はいいですよね。

また、新築だと、太陽発電パネルはほとんどが屋根と一体化しています。

でも、固定資産税がかかってしまいます。

ですので、これから太陽発電パネルを導入する方は、どうするか悩まれると思います。

現在人気があるのは、屋根と一体化した太陽発電パネルです。

見た目やデザインを優先するか、それとも、固定資産税を考慮した固定タイプを選ぶか。

難しいところではありますが、あなたなら、どちらを選びますか?

太陽光発電が人気な昨今ですが、シャープがいいかパナソニックがいいか悩みます。そこで私は太陽光メーカーランキングなどを参考にしてソラキューブや京セラ、三菱などのパネルもあわせて検討しました。

http://xn--t8j4aa4nyhqav99arc2eb3hb6786ioyyayb9r.biz/

pagetop