お客様との距離を縮める

お客様との距離を縮める

チラシに記載する情報には様々集客効果を生み出す可能性があります。またぽすぃんぐなどによって、自分の商売にあった客層だけにチラシを配布することができると、チラシの費用対効果が大幅に上がります。

 

チラシには商品の価格についての説明も必要ですが、店舗と商圏についても考える必要があります。特に地域密着型の媒体には、お客様との距離感はとても重要な要素です。

 

「私たちの町のクリーニング屋さん」のような訴求の仕方をすることで、店舗とお客様の距離感がグット縮まることによって、大きな反響を見込むことができます。私たちという言葉がお客様と店舗の一体感を瞬間的に作り上げているのです。

 

反対に、そのような内容のチラシを隣町にポスティングしても、全く反応がないことはおろか、クレームが出ることも想定されます。

 

また、何かあった場合にはどんな対応をしてくれるのかがとても需要なポイントです。

 

お客様は初めて受けるサービスにはとても及び腰になりますが、一度でも体感すると、とてもリラックスした気持ちでサービスを受けることができるようになります。

 

私の町のチラシを作成するときにはこのような点に十分注意してポスティングされることが良いでしょう。ラクスル印刷ならチラシの印刷・作成からポスティングまで行ってくれるのですごく便利です。多く会社が利用しています。CMでも宣伝しているので一度はラクスルを耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ポスティングチラシはお客様目線で

ポスティングチラシはお客様目線

 

事業の宣伝のためにポスティングにてチラシを配布することは有効な手段だといえますが、お客様目線を取り入れることができていないと、全く反響がないこともあります。

 

商品やサービスによっては、なかなか明確に提示しにくい業種も存在します。たとえばリフォームなどがそうです。日常的に必要なものではないけれども、リフォームして炭午後血を良くした意図は誰しもが考えていることでしょうが、いかんせんリフォーム価格が高額になることがお客さんもわかっているので、チラシを見てもなかなか足を運びにくい業態ともいえます。

 

また、テレビなどでもビフォーアフターのように、リフォームすることを勧める報道もあれば、手抜き工事なども取りざたされているために、なかなかわかりにくい部分でもあります。

 

まずリフォーム業界は値段提示が難しいことが問題です。正直に紹介するとお客さんはすぐに去ってしまいます。しかし、価格を言わないで説明を続けると、いったいどのような金額を提示してくるのかという不安をあおることとなるのです。

 

一般的にはこのリフォームはこの価格でしますというような、提示があると顧客はとても安心します。


更新履歴


このページの先頭へ戻る